フェア参加校【ノーザンブリア大学】サイバーセキュリティ研究の卓越性が認められる

最新ニュース

フェア参加校【ノーザンブリア大学】サイバーセキュリティ研究の卓越性が認められる

2019年9月12日

イギリス北東部の最大校、ノーザンブリア大学(University of Northumbria)は今年、イギリスの国家サイバーセキュリティセンター(National Cyber Security Centre (NCSC))が、優秀なサイバーセキュリティ研究を行っている学術センターとして新たに認定した2つの大学のうちの1つです。

このサイバーセキュリティ研究の卓越した研究機関(ACE-CSR)構想は、デジタルや文化、メディアとスポーツ部門によって後援されている。これは英国政府が19億ポンドを投じた National Cyber Security Strategy 2016-2021(国家サイバーセキュリティ戦略)に盛り込まれた多くの議案の一つで、サイバー攻撃の脅威に対し、耐性を高めるために政府が学界や産業界とどのように協力を示すものです。

ノーザンブリア大学(University of Northumbria)は、この構想の厳しい条件を満たすことに成功し、サイバーセキュリティ研究の卓越した学術センター(ACE-CSR)として認められ、サイバーセキュリティ研究を代表する大学の1校となりました。

1016日(水)大阪会場、1018日(金)東京会場にて開催のSI-UKイギリス・アイルランド大学・大学院留学フェアノーザンブリア大学(University of Northumbria)も参加致します。ご予約はこちら