日本人留学生に人気のブリストル大学って?

ニュース

日本人留学生に人気のブリストル大学って?

2017年9月12日

SI-UKイギリス大学・大学院留学フェアまで約1カ月。東京、大阪会場ともに参加大学が日に日に増えていますが、参加大学の一覧はもうチェックしましたか?人気の大学は、個別面談の枠がすでに埋まり始めているので、フェア当日に大学のスタッフとお話ししたいという方はお早めに参加予約をしましょう!

さて本日は、SI-UK留学フェアの参加常連校、そして人気大学の一つであるブリストル大学をご紹介します。開発学や法学、社会学を学びたいと思っている方に特におすすめの大学です。

数々の大学ランキングでトップ10に入る名門校

ブリストル大学は、イギリス南西部の港町ブリストルにキャンパスがあります。一流の研究大学で構成される「ラッセルグループ」の一員で、大学の関係者でノーベル賞を受賞した人は13人にも上ります。また、以下の大学ランキング結果が示しているように、イギリス国内のみならず、全世界のトップ大学の一つとして認識されています。

★主要大学ランキング結果

  • QS World University Rankings 2018:イギリス国内9位、世界44位
  • Times Higher Education World University Rankings:イギリス国内9位、ヨーロッパ内22位、世界71位
  • Complete University Guide:イギリス国内17位

また、卒業生の就職率の高さにおいても知られており、QS Graduate Employability Rankings 2016/17では、ランキング初参加だったにもかかわらず、イギリス国内で6位、世界で39位にランクインしました。

専攻科目別ランキングでも高い評価を獲得

研究大学として名高いブリストル大学は、2014年度に行われたResearch Excellence Framework(各大学の研究の評価を行うための枠組み)においても好成績を残しています。特に高く評価されているのは、以下の専攻科目です。

  • Geography
  • Clinical Medicine
  • Public health, health services and primary care
  • Economics and econometrics
  • Sport and exercise sciences

また、その他にも、開発学や社会学、法学、教育学関連の学部は有名で、日本人留学生にも人気があります。

治安が良く、自然豊かなブリストル

歴史を感じさせる建物が数多く残り、公園や緑が多い自然豊かなブリストルは、留学生だけでなく、イギリス人の間でも「住んでみたい街」として人気があります。また、イギリスにしては晴れの日が多く、気候が温暖な点も、人々を惹きつける要因になっています。街灯が多く、夜でも道が明るいので、治安の面でも安心です。

ブリストルはカルチャーの街としても知られており、年間を通してフェスティバルやアートの展示会、演劇やショーの公演が数多く行われています。また、有名な温泉地で世界遺産にも登録されているバース市街までは電車で約20分、ロンドンまでは約1時間半と、勉強の合間や週末にプチトリップを楽しむことも可能です。

たくさんの魅力が詰まったブリストルへ留学しませんか?名門ブリストル大学は、東京、大阪の両会場にブースを設置し、個別面談会を開催します。出願予定の方、ご興味をお持ちの方はぜひSI-UK留学フェアの参加予約をしましょう!